「保証」「保障」「補償」の違いと使い分け方を極限までシンプルに解説

「保証」「保障」「補償」。どれも同じ「ほしょう」という言葉でありながら、それぞれの意味はまったく異なります。しかしそれでいて似ている意味があるのも事実。このページではそんな悩ましい言葉の違いを極限までシンプルに区別してみました。

「保証」「保障」「補償」の違いを極限までシンプルに区別

  • 【保証】損をさせないと約束すること
  • 【保障】損をしないように守ること
  • 【補償】損をしたら損害を埋め合わせすること



Sponsored Link

「保証」「保障」「補償」の違いと使い分け方を詳しく解説

「保証」「保障」「補償」。似ているようで意味のまったく異なる三つの言葉を同じ「損」という同じ土俵の上に立たせることで、それぞれの違いを際立たせてみました。

違いを鮮明にするため大胆に単純化しましたので、上に述べた区別の仕方にもれてしまう例外も出て来るかと思いますが、これで違いの急所は理解が出来るはずです。

ただしあまりにも単純化して理解すると、今度は応用がきかなくなるというデメリットが生じてしまいます。そこで、「保証」「保障」「補償」の三つの言葉の違いの解説し、具体的な用例を示してみました。

【保証】損をさせないと約束すること

まだ損をするとは決まっていない段階で、あなたに損をさせませんと約束するのが「保証」です。まだ損をしているわけではないので、具体的な行動はともなわず責任を持って約束をするだけです。

例:「品質保証」「成果保証」「保証書」

【保障】損をしないように守ること

損をすることがあらかじめ見込まれるときや、損をする状況が目の前にきたとき、その損から具体的に守るための行動や仕組みが「保障」です。

例:「収入保障」「老後保障」「安全保障」

【補償】損をしたら損害を埋め合わせすること

損をしてしまった場合、損した分だけ埋め合わせをするのが「補償」です。「保証」がまだ損をしていないとき。「保障」が損することが見込まれるとき。両者が損をする前についての言葉なのに対して「補償」は損をした後についての言葉です。

例:「休業補償」「災害補償」「災害保障」

「保証」「保障」「補償」の違い、まとめ

「保証」「保障」「補償」の違いは損をするということを基準にして考えると理解しやすくなります。損をすることに対してどう対応するのか。そこが理解のポイントです。

  • 【保証】損をさせないと約束すること
  • 【保障】損をしないように守ること
  • 【補償】損をしたら損害を埋め合わせすること



Sponsored Link




Sponsored Link