「あやめ」「はなしょうぶ」「かたつばた」の違い

「あやめ」「はなしょうぶ」「かたつばた」の違いは次の通りです。

 あやめはなしょうぶかたつばた
分類アヤメ科アヤメ属アヤメ科アヤメ属アヤメ科アヤメ属
場所乾燥した陸地湿地またはやや乾燥した土地水中や湿地
葉脈ほとんど目立たない中央にしっかりあるほとんど目立たない
花弁の根本黄色い網目模様黄色い細長い模様白い細長い模様
花の色青紫色まれに白色紫色、白色、絞り青紫色、白色、斑入り

このページでは、「あやめ」「はなしょうぶ」「かたつばた」、それぞれの違いについてさらに詳しく解説しています。

Advertisement(広告)

「あやめ」について

「あやめ」はアヤメ科アヤメ属の植物です。

  • 時期:5月上旬から中旬が開花時期です。
  • 場所:乾燥した草原や畑などの陸地に群生します。
  • 見た目:背丈は60cmほどで、青紫色または稀に白色の花が咲きます。また、花弁の根本に黄色い網目の模様があり、葉脈はほとんど目立ちません。
  • 漢字について:「あやめ」は「しょうぶ」と同じく漢字で「菖蒲」と表しますが、剣状の細い葉が並んでいる様子から「文目」「綾目」という漢字も使われます。

あやめ【菖蒲】アヤメ科の多年草。日本の全域に自生。葉は剣状で地下茎から群がり生える。高さ約六〇センチメートル。五、六月頃花茎を出し頂端に径約八センチメートルの青紫色または白色のハナショウブに似た花をつける。外花被片に紫色の横脈がある。ハナアヤメ。

三省堂「大辞林」
Advertisement(広告)
Advertisement(広告)

「はなしょうぶ」について

「はなしょうぶ」はアヤメ科アヤメ属の植物です。

「はなしょうぶ」は「あやめ」の観賞用に、江戸時代より栽培されていた改良種のため、「あやめ」に比べ多種多様な色の花が咲きます。

  • 時期:6月上旬から下旬が開花時期です。
  • 場所:池や水辺などの湿地・湿原が主な群生地ですが、やや乾燥した土地でも育ちます。
  • 見た目:背丈は80cmほどで、紫色、白色、絞りなどさまざまな色の花が咲きます。また、花弁の根元に黄色く細長い模様があり、葉脈は中央にはっきりと確認することができます。
  • 漢字について:「はなしょうぶ」は「菖蒲(しょうぶ)」とも呼ばれますが、同様に「菖蒲」と呼ばれるサトイモ科の植物があり、混同されやすいですが別のものです。ただし、由来として、サトイモ科のしょうぶに似た葉をつけていて花が咲くことから「花菖蒲」という名称がついたといわれています。

はなしょうぶ【花菖蒲】アヤメ科の多年草。ノハナショウブの改良種で江戸時代から栽培される。高さ八〇センチメートル内外。葉は剣形で、中央脈が著しく隆起。初夏、花茎の頂に紫・淡紅・白・絞りなどの大きな美しい花を開く。多くの園芸品種がある。単にショウブともいうが、サトイモ科のショウブとは別のもの。

三省堂「大辞林」
Advertisement(広告)

「かたつばた」について

「かたつばた」はアヤメ科アヤメ属の植物です。

  • 時期:5月中旬から下旬が開花時期です。
  • 場所:水中や浅い水辺などの湿地に群生します。
  • 見た目:背丈は70cmほどで、青紫色、白色、斑入りなどの花が咲きます。また、花弁の根本に白く細長い模様があり、葉脈はほとんど目立ちません。
  • 漢字について:「かきつばた」は衣服の染料に使われていたことから、「掻付花(かきつけはな)」または「書付花(かきつけばた)」と呼ばれていましたが、そこから訛って現在の名称になったといわれています。漢字の「社若」「燕子花」は漢名の借用です。

かたつばた【〈社若〉・〈燕子花〉】〔古くは「かきつはた」〕アヤメ科の多年草。湿地に生える。ハナショウブに似るが葉は幅が広く、中脈は発達しない。高さ約七〇センチメートル。初夏、茎頂の苞の間に三個内外の濃青色・白色・斑入りなどの花を開く。かいつばた。かおよばな。

三省堂「大辞林」
コラム:よく似ている「あやめ」と「かたつばた」

「あやめ」と「かたつばた」はよく似ている美しい花で、見分けが難しいことから、「いずれ菖蒲か杜若」ということわざがあります。
意味は、どちらも優れていて優劣がつかず、選択に迷うことのたとえです。
源頼政が妖怪退治の褒美として美女を頂くことになり、12人の中から選ぶよう言われた際に詠んだ歌が元になっています。

「あやめ」「はなしょうぶ」「かたつばた」の違い、まとめ

「あやめ」「はなしょうぶ」「かたつばた」の言葉の違い、おわかりいただけましたでしょうか。

このページの最後にもう一度、それぞれの違いのポイントを以下にまとめますので、おさらいにご活用ください。

 あやめはなしょうぶかたつばた
分類アヤメ科アヤメ属アヤメ科アヤメ属アヤメ科アヤメ属
場所乾燥した陸地湿地またはやや乾燥した土地水中や湿地
葉脈ほとんど目立たない中央にしっかりあるほとんど目立たない
花弁の根本黄色い網目模様黄色い細長い模様白い細長い模様
花の色青紫色まれに白色紫色、白色、絞り青紫色、白色、斑入り