「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の意味と違いを解説

「クッキー」「ビスケット」「サブレ」は、小麦粉を使った焼き菓子ですが、それぞれ以下のような意味があります。

  • 【クッキー】アメリカから日本に伝わった焼き菓子
  • 【ビスケット】イギリスから日本に伝わった焼き菓子
  • 【サブレ】フランスから日本に伝わった焼き菓子

このページでは「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の意味と違いを詳しく解説していきます。

Advertisement(広告)

「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の意味

「クッキー」「ビスケット」「サブレ」は、見た目や味に違いがありますが、小麦粉を使って焼いたお菓子で、サクサクとした触感が良く似ています。それぞれの意味について、詳しく解説していきましょう。

「クッキー」の意味

「クッキー」はアメリカから日本に伝わった焼き菓子です。英語では「cookie」となります。

アメリカではサクッとした触感の焼き菓子の総称として「クッキー」と呼ばれています。アメリカ人から見れば、「ビスケット」も「サブレ」も「クッキー」なのです。

しかし、日本では「クッキー」に対して「糖分(砂糖類)と脂肪分(バターなど)が原材料全体の40%以上」という定義があります。辞書では、以下のように説明されています。

【クッキー】
(=小さいケーキ)香料を入れた固焼きの洋風干菓子。ビスケットと違い、手焼きで形・味に変化のある物が多い。

出典:三省堂「新明解国語辞典第六版」より抜粋

Advertisement(広告)

「ビスケット」の意味

「ビスケット」はイギリスから日本に伝わった焼き菓子です。英語では「biscuits」となり、焼き菓子全体(クッキーもサブレも)を「ビスケット」と呼びます。

「クッキー」「サブレ」と比較すると、やや硬く水分や油分が少ない印象を受ける人が多いでしょう。イギリスではビスケットの由来について「保存食用にパンを二度焼きしたのが始まり」という説があります。

日本では「ビスケット」に対して「糖分(砂糖類)と脂肪分(バターなど)が原材料全体の40%未満」という定義です。辞書では「ビスケット」について以下のように説明されています。

【ビスケット】
(二度焼かれたの意)子供のおやつなどにする、固焼きの洋風干菓子。小麦粉にバター、砂糖などを入れて作り、味は概して単一ではないものが多い。

出典:三省堂「新明解国語辞典第六版」より抜粋

Advertisement(広告)

「サブレ」の意味

サブレはフランスから日本に伝わった焼き菓子です。「クッキー」「ビスケット」とは違い、英語ではなくフランス語(sable)になります。フランスでも「クッキー」「ビスケット」という言葉はなく、焼き菓子全体を「サブレ」と呼んでいます。

「サブレ」という由来は生産地であるフランスの「サブレ=シュル=サルト」という都市名からきていると言われています。

日本では細かい定義はありませんが、「クッキー」「ビスケット」に比べて、油分が少なく砂糖が多いのが特徴です。また、小麦粉の比重が少なめで、ベーキングパウダーは含まれてないものが多くなります。同辞書では「サブレ」についての記述がありませんでした。

Advertisement(広告)
Advertisement(広告)

「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の違い

日本の食品には「名称」が記載されています。「クッキー」「ビスケット」「サブレ」を含む「クッキー類」には、以下のような定義で名称が分けられています。

(定義)
第2条 この規約で「ビスケット類」とは、ビスケット(クッキーを含む。以下同じ。)、クラッカー(乾パン及びプレッツェルを含む。以下同じ。)、カットパン及びパイ並びにこれらの加工品をいう。

2 この規約で「ビスケット」とは、小麦粉、糖類、食用油脂及び食塩を原料とし、必要により澱粉、乳製品、卵製品、膨張剤等の原材料を配合し、又は添加したものを混合機、成型機及びビスケットオーブンを使用して製造した食品をいう。

3 この規約で「クッキー」とは、ビスケットのうち次に掲げるものをいう。
(1) 「手づくり風」の外観を有し、糖分及び脂肪分の合計が重量百分比で40パーセント以上のもので、嗜好に応じ、卵製品、乳製品、ナッツ、乾果、蜂蜜等により製品の特徴付けを行って風味よく焼きあげたもの
(2) その他、全国ビスケット公正取引協議会(以下「公正取引協議会」という。)の承認を得たもの

出典:ビスケット類の表示に関する公正競争規約及び同施行規則

https://www.biscuit.or.jp/summary/data/hyoji.pdf

なんと!表記する名称として「サブレ」はないのです。商品名に「サブレ」という言葉が入っていても、食品としての名称は上記を基準に「ビスケット」あるいは「クッキー」となります。

ここで、前項の辞書で「クッキー」に記載されていた「ビスケットと違い、手焼きで形・味に変化のある物が多い」という意味に繋がりますね。「ビスケット」よりも「クッキー」の方が、形に模様や絵柄が施されたものが多いのでしょう。

また、大枠ではどの焼き菓子も「ビスケット類」となります。「クッキー」も「サブレ」も、「ビスケット」の仲間なのです。

ちなみに、日本では伊藤製菓株式会社より「バターサブレクッキー」という商品名のお菓子が販売されています。スーパーで良く売られているので、見たことがある人も多いでしょう。もはや、フランスなのか、アメリカなのか、さっぱりわかりませんが、如何にも日本語的な商品名ですね。こちらの名称は「クッキー」になります。

Advertisement(広告)

「クッキー」「ビスケット」「サブレ」のその他の違い

普段何気なく美味しくいただいているビスケット類ですが、調べると由来や意味、違いなどがわかって面白いですね。

最後に、「クッキー」「ビスケット」「サブレ」の意味と違いをまとめましたので、ご参考になさってください。

クッキービスケットサブレ
アメリカイギリスフランス
定義糖質・油分が40%以上糖質・油分が40未満比較的小麦粉比重が少ない
その他手作り風の外観が多い日本での焼き菓子の総称でもある名称ととしての「サブレ」の分類はない