「医療」と「医学」の違いを区別する三つのポイント

「医療」と「医学」の違いは次の三つの点で区別できます。

医療 医学
学問か否か 学問でない 学問である
科学か否か 科学でない 科学である
資格 資格が必要 資格は不要

このページでは、これら三つの点について解説しています。



Sponsored Link

「医療」と「医学」の違い

【学問か否か】

ここで言う「学問」とは以下の引用文を意味します。

【学問】
一定の原理に従って、体系的に組織化された知識や方法。
出典:小学館『日本國語大辞典』

「医学」は「体系的に組織化された知識」に該当します。よって「医学」は学問です。

しかし「医療」は「体系的に組織化された方法」とは言えず、医師個人の経験や勘によるところが少なくありません。

同じ診療科でありながら診療方法が異なったり、医師によって治療実績に大きな違いが生じる場合もあり「体系的に組織化された方法」とは言えません。

そのため「医療」は学問ではありません。

  • 【医療】学問でない
  • 【医学】学問である

【科学か否か】

ここで言う「科学」とは以下の引用文を意味します。

【科学】
普遍的真理や法則の発見を目的とした体系的知識。
出典:小学館『日本國語大辞典』

学問と同じ理由により、「医学」は科学ですが「医療」は科学とは言えません。

しかし近年、統計学的に有効性が証明された「根拠に基づく医療(こんきょにもとづくいりょう、evidence-based medicine, EBM)」という新しい診療概念が重視されるようになってきました。

医師個人の経験や勘によるのではないEBMの導入により、「医療」は限りなく科学に近づいているとも言われています。

  • 【医療】科学でない
  • 【医学】科学である

【資格】

無資格では「医療」に従事することができません。「医療」に従事するには医師国家資格や看護師資格などが必要とされます。

医師法
第一章 総則
第二条 医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。
出典:『医師法』

しかし「医学」は無資格であっても何らかの報酬・所得を得ることは可能です。

一時期、根拠のない健康情報が大手のインターネットメディアに掲載され社会問題化したことがありますが、これなどは無資格者が「医学」によって報酬を得た例と言えるでしょう。

  • 【医療】資格が必要
  • 【医学】資格は不要

「医療」と「医学」の違い、まとめ

上に述べた「医療」と「医学」の違いをまとめると次のようになります。

  • 【医療】学問でない・科学でない・資格が必要
  • 【医学】学問である・科学である・資格は不要



Sponsored Link




Sponsored Link