「育てる」と「育む」の大きな違いとは?(そだてる、はぐくむ)

「育てる」と「育む」は、ともに「成長させる」という共通する意味を持っている言葉ですが、両者の間には以下のように大きな違いが存在します。

  • 【育てる】成長させる
  • 【育む】愛情を注いで成長させる

このページでは「育てる」と「育む」の意味の違いについて詳しく解説しています。



Sponsored Link

「育てる」と「育む」の大きな違い

「育てる」と「育む」の意味

『日本國語大辞典』の解説による「育てる」と「育む」のそれぞれの意味は次の通りです。

【育てる】
①生物が一人前になるまでの過程をうまく進むように助け導く。生きものがおいたつようにする。成長させる。養育する。
②能力などをのばすように教え導く。しこむ。しつける。
③相手に調子を合わせててなずける。おだてる。そそのかす。のせる。

【育む】
①親鳥がひな鳥を羽でおおい包む。
②養い育てる。養育する。また、世話をする。面倒を見る。
③いつくしみ大切に扱う。かわいがる。
④いたわり守る。かばう。保護して、それを伸長させる。
出典:小学館『日本國語大辞典』

『日本國語大辞典』で解説されている「育てる」と「育む」の意味の違いを比較しただけでもその違いは歴然としています。

「育てる」にはなくて「育む」だけにある要素。

「面倒を見る」「いつくしみ」「大切に」「かわいがる」「いたわり」「守る」「かばう」「保護」・・・すべて豊かな愛情があってはじめて出来ることばかりです。

「育む」に豊かな愛情がたっぷりと含まれている理由

「育む」という言葉には「羽包む(はくくむ)」という意味が含まれています。

「羽包む(はくくむ)」とは、親鳥がひな鳥を羽でおおい包むことを意味し、ひな鳥を優しくおおう親鳥の羽は愛情のシンボルです。

「羽包む(はくくむ)」には、ひな鳥の視点からの言葉も存在し「羽裏もる(はぐくもる)」または「育もる(はぐくもる)」と書いて、羽に包まれていること。転じて大事に育てられているさまを表します。

また親が子を想う気持ちが込められた情感豊かな「はぐくむ」という言葉は、親の愛情を讃える和歌の中で幾度も謳われています。

豊かな愛情の有無。それが「育てる」と「育む」の違いを決定づける要素です。

「育てる」と「育む」の違い、まとめ

「育てる」と「育む」の違い、このページの解説でおわかりいただけましたでしょうか。

このサイトでは、「育てる」「育む」に関連する言葉について、以下のリンク先のページで解説しています。

合わせてご覧ください。




Sponsored Link




Sponsored Link