「縄(なわ)」と「綱(つな)」の違い

「縄(なわ)」と「綱(つな)」の違いは、以下の通り太さと強度で区別されます。

  縄(なわ) 綱(つな)
太さ 細い 太い
ただし、細さ・太さを区別する基準はない
強度
縛った小さな荷物などを解くためにハサミなどで簡単に切れる

命綱(ザイル)や綱渡りのロープなど決して切れてはならない

このページでは、「縄(なわ)」と「綱(つな)」の違いについて、さらに詳しく解説しています。



Sponsored Link

【縄と綱】つくり方の違い

細い繊維材料を集めて左撚り(より)をかける工程をへて、精紡機からつむぎ出した糸のことを「単糸(たんし)」または「ヤーン」といいます。

この「単糸」が、その後の撚り(より)方の違いによって「縄」または「綱」になるのです。

【縄(なわ)】が「単糸」から出来るまで

細い繊維に左撚りをかけることで「単糸」になりましたが、その1本の「単糸」に右撚りをかけることで「単糸」は「子縄(こなわ)」または「ストランド」になります。

この「子縄」を3本、4本、または8本撚り合わせることによって出来上がったのが「縄」です。

【綱(つな)】が「単糸」から出来るまで

「縄」の場合は、1本の「単糸」から「子縄」をつくりましたが、「綱」の場合は「単糸」を数本から数十本集めて「子縄」をつくります。

「縄」よりも「綱」の方が太く強度が高いのは「子縄」のつくり方の違いから来るものです。

この「子縄」を3本、4本、または8本撚り合わせることによって「綱」をつくる最終工程は「縄」と同じです。

【縄と綱】「単糸」から出来るまでの工程まとめ

単糸 細い繊維に左撚りをかけてできる
子縄 一本の単糸に右撚りをかけてできる 複数の単糸に右撚りをかけてできる
完成 3・4・8本の子縄を撚り合わせる

【縄と綱】強度と用途の違い

「縄」と「綱」は、つくり方の違いから太さと強度の違いがあり、特に強度によって使い道が異なります。

「雑誌を縄で縛る」などと使われるように、主に小さな荷物を縛る時などに使われるのが「縄」です。小さな荷物なのでそれほどの強度は求められません。

また「縄」を切って荷物を解く場合もあるため、刃物で簡単に切れることも「縄」には求められます。

一方で「綱」は、「命綱」「綱渡り」などと使われるように切れない強度を求められます。刃物などで簡単に切ることができない、切れてはならないの「綱」の特徴です。

簡単に切れない「綱」は、文字通りの命綱となる登山のザイル、吊り橋のケーブルなど決して切れてはならない場所で使われます。

【縄と綱】違い、まとめ

「縄」と「綱」の違い、このページの解説でおわかりいただけましたでしょうか。

このページの最後にもう一度「縄」と「綱」の違いを区別するポイントを以下にまとめますので、頭の中の整理にお役立てください。

作り方の違い 1本の単糸で子縄を作る 複数の単糸で子縄を作る
太さ 綱より細い 縄より太い
強度 刃物で切ることができる 決して切れてはならない



Sponsored Link




Sponsored Link