「老いる」と「老ける」よく似た類語の意味の違い

「老いる」と「老ける」。ともに「年をとる」ことを意味するよく似た一対の類語ですが、以下のような違いがあります。

老いる 老ける
年をとって心身の働きが衰えること 年をとって主に容姿が衰えること
年齢相応に衰えた状態 実年齢よりも年長に見える状態も含む
主に高齢者限定の言葉 高齢者以外にも用いられる

このページでは「老いる」と「老ける」それぞれの言葉の意味と類語の数々、そして両者の違いについて解説しています。



Sponsored Link

「老いる」と「老ける」のそれぞれの言葉の意味と違いを解説

【老いる】

【老いる】
①人の年が重なる。年寄る。年をとる。
③年をとってぼける。もうろくする。
出典:小学館『日本國語大辞典』

「老いる」とは単に年をとること。それにくわえて、重ねた年齢相応に心身が衰えることを意味する言葉です。

年齢相応の衰えを意味することから、主に高齢者に限定して用いられます。

また経年による衰えの対象は、容姿、心、身体や健康状態にまで広い範囲に及ぶのも「老いる」という言葉の特徴です。

「老いる」という言葉はまた、老木など植物に対しても使われます。

【老いる】の類語
年老いる、歳取る、年取る、年寄る、老け込む、老ける

【老ける】

【老ける】
人が年を経て老齢となる。老いる。また、容姿などが老人めいてくる。年寄りじみる。
出典:小学館『日本國語大辞典』

「老ける」も年をとるという意味を持ち、この点で「老いる」とまったく同じです。

しかし「老いる」が年齢相応の衰えを指すのに対して、「老ける」は年齢不相応の衰えを指す場合にも使われます

年齢不相応の衰えとは、中高年世代が実際の年齢よりも年長に見えることを意味し「年よりも老けて見える」などという使われ方をします。

このことから「老いる」が高齢者に限定されて使われる傾向があるのに対して、「老ける」は高齢者よりも若い年代の人にも使われることがあります。

年齢層については幅広く使われる「老ける」ですが、衰えの対象は主に容姿を指し「老いる」より衰えの対象が狭いところにも特徴があります。

【老ける】の類語
年老いる、歳取る、年取る、年寄る、老け込む、老いる

「老いる」と「老ける」の違い、まとめ

「老いる」と「老ける」の違い、このページの解説でご納得いただけましたでしょうか。違いを区別するポイントを最後にもう一度まとめますので、頭の中の整理にご活用ください。

  • 【老いる】年をとって心身の働きが衰えること。高齢者限定の言葉。
  • 【老ける】年をとること。実年齢よりも年長に見えること。高齢者以外にも用いられる。



Sponsored Link




Sponsored Link