冷蔵庫の【パーシャル,チルド,冷凍,冷蔵】の違いと使い分け方

冷蔵庫の「パーシャル室」と「チルド室」の違いは温度設定にあり、「冷凍室」と「冷蔵室」の間の温度帯に当たります。庫内温度の低い順に一覧表示すると以下の通りです。

室名 庫内温度 保存状態 保存に適した食品
冷凍室 約-18℃ 凍結状態 氷,アイスクリーム(凍結の必要がある食品)
パーシャル 約-3℃ 半凍結・微凍結状態 肉,魚介類(解凍で劣化しやすい食品)
チルド 約0℃ 凍結寸前 乳製品,豆腐(凍らせたくない食品)
冷蔵室 約4℃ 凍結しない 生鮮食品(常温で保存できない食品)
野菜室 約5℃ 凍結しない 野菜(温度が低いと劣化が進む食品)

このページでは冷蔵庫の【パーシャル,チルド,冷凍,冷蔵,野菜室】の違いと使い分け方についてさらに詳しく解説しています。合わせてご覧ください。



Sponsored Link

冷蔵庫の【パーシャル,チルド,冷凍,冷蔵】の違いを解説

【冷凍室】約-18℃ 凍結状態

「冷凍室」は日本工業規格(JIS)で、庫内温度が-18℃以下に保たれることが規定されており、日本国内の家電メーカーの大半の冷蔵庫は庫内温度が-18℃〜-20℃の間で調整されるようつくられています。

氷、氷菓やアイスクリームなどの凍結の必要がある食品。冷凍食品として販売されているものや、つくり置きした料理などを長期にわたって保存したい場合に使用します。

【パーシャル室】約-3℃ 半凍結・微凍結状態

「パーシャル」とは「パーシャルフリージング(微凍結)」の略語で、食材の外気に触れている細胞の外液が少し凍る程度の凍結方法を意味します。

「パーシャル室」は日本工業規格(JIS)で、庫内温度が-3℃以下に保たれることが規定されており、大半の冷蔵庫は約-1℃〜-3℃の間で調整されています。

冷凍や解凍の際に劣化が進み風味が落ちてしまいがちな肉や魚介類の保存に最適なのが「パーシャル室」です。

なおメーカーによって「パーシャル室」の代わりに「氷温室」と表記されている冷蔵庫もありますが、「氷温室」の庫内温度は「パーシャル室」よりやや高めの約-1℃。

スライスした肉や魚介類の保存に適しています。

【チルド室】約0℃ 凍結寸前

「チルド室」は日本工業規格(JIS)で、庫内温度が0℃以下に保たれることが規定されており、大半の冷蔵庫は約0℃〜-2℃の間で調整されています。

味噌や納豆など長期間の保存がきくもの、ヨーグルトなど冷蔵より長く保存したいが凍らせたくはないもの、またチルド食品として流通している生麺などの保存に最適です。

【冷蔵室】約4℃ 凍結しない

「冷蔵室」は日本工業規格(JIS)で、庫内温度が4℃以下に保たれることが規定されており、大半の冷蔵庫は約3℃〜6℃の間で調整されています。

冷蔵庫の中心部としてもっとも大きなスペースを占めている「冷蔵室」は、扉の開閉頻度も極めて高く庫内温度は場所によって大きなバラつきがあります。

「冷蔵室」の中の庫内温度は約3℃〜6℃の間に保たれていますが、外気に触れることが多いドアポケット(扉の内側、卵や調味料を保管する場所)の温度は約6℃〜10℃とやや高めです。

【野菜室】約5℃ 凍結しない

野菜などの青果物は低温に弱く、低温下で保存すると表面に斑点が現れたり、柔らかくなる・水っぽくなるなどの劣化が進む低温障害が生じてしまいます。

そのため、冷蔵室より高い庫内温度設定となる約3℃〜8℃で、且つ湿度が約90%に保たれているのが野菜室で、その名の通り野菜の保管に最適です。

冷蔵庫の【パーシャル,チルド,冷凍,冷蔵,野菜室】の違い、まとめ

冷蔵庫の【パーシャル,チルド,冷凍,冷蔵,野菜室】の違い、このページの解説でおわかりいただけましたでしょうか。

最後にこのページのおさらいとして、解説の要点を以下にまとめますので頭の中の整理にご活用ください。

【冷凍室】約-18℃ / 凍結状態 / 凍結の必要がある食品
【パーシャル】約-3℃ / 半凍結・微凍結状態 / 解凍で劣化しやすい食品
【氷温室】約-1℃ / 凍結寸前 / 解凍で劣化しやすい食品
【チルド】約0℃ / 凍結寸前 / 凍らせたくはない食品
【冷蔵室】約5℃ / 凍結しない / 常温で保存できない食品
【野菜室】約5℃ / 凍結しない / 温度が低いと劣化が進む食品



Sponsored Link




Sponsored Link