工場(プラントとファクトリー/plant,factory)の違いと使い分け

工場を意味する「プラント(plant)」と「ファクトリー(factory)」の違いと使い分けは、本来の英語による定義を知ることでシンプルに区別することができます。

  • 【プラント(plant)】原料の加工をする場所
  • 【ファクトリー(factory)】製品を製造する建物
  • 【備考】大規模なファクトリーをプラントと呼ぶが、その逆はない

上に挙げた【プラントとファクトリー/plant,factory】の違いと使い分けについて、このページにてさらに詳しく解説しています。どうぞご覧ください。



Sponsored Link

工場(プラントとファクトリー)の違いと使い分けを解説

【プラント(plant)】原料の加工をする場所

日本では「プラント」という言葉は、主に発電所(power plant)、石油プラント(oil plant)、鋼鉄プラント(steel plant)など、エネルギーや原料を生産する大規模な施設を意味する言葉として、製品を製造する「工場」と区別して使われています。

一方英語圏では、日本と同様の使い分け方に加えて小規模な工場を「ファクトリー(factory)」、大規模な工場を「プラント(plant)」と区別する使い分け方もあります。

日本でも小規模な工場を「こうば」と発音し、大規模な工場を「こうじょう」と発音して規模の違いを区別しますが、それと似た感覚で区別されているようです。

【ファクトリー(factory)】製品を製造する建物

英語圏ではその昔、家族経営の鍛冶屋など作業場に近い小規模の工場のことを「ショップ(shop)」と呼んでいましたが、産業革命を経て規模が大きくなるに従い工場は「ファクトリー(factory)」と呼ばれるようになりました。

この「ファクトリー(factory)」がさらに大規模になったものが「プラント(plant)」と呼ばれるようになったのは上に述べた通りです。

工場(プラントとファクトリー)の違いと使い分け、まとめ

工場(プラントとファクトリー)の違いと使い分け、おわかりいただけましたでしょうか。最後にもう一度、上に述べた解説のポイントをおまとめいたします。

  • 【プラント=こうじょう】原料の加工をする場所、大規模な工場
  • 【ファクトリー=こうば】製品を製造する建物



Sponsored Link




Sponsored Link